×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

headband

飛距離

HOME >> どうすれば飛距離が伸びるの?

どうすれば飛距離が伸びるの?

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者・佐藤理恵 監修】DVD2枚組

詳細はこちら

ソフトボールの醍醐味といえばホームランですよね?

ホームランを打つためには飛距離を伸ばす必要があります。

その飛距離を伸ばす方法は以下の通りです。

・インパクトの瞬間だけに力を入れる

・ボールが当たった後にグリップを返す

・フォロースイングを大きくする

・ボールの芯から9ミリ下を打つ

まず、インパクトの瞬間だけに力を入れてください。

最初から力を入れていると飛距離は伸びないので、それまでは軽くバットを握るイメージで十分です。

グリップの返しが早いと力が伝わりにくいので、ボールが当たった後に返すようにしましょう。

また、返すというイメージではなく、押し手で押すようなイメージです。

フォロースイングを大きくすることで、長い時間力を加えることができ、飛距離がアップします。

そして、非常に難しいですが、ボールの芯から9ミリ下を打つというのも飛距離を伸ばすコツです。

練習してもなかなか上手くいかないと思いますが、一流のバッターはこれができます。

pagetop