×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

headband

ソフトボール バッティング 練習方法

得点力をアップさせるバッティング練習法

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者・佐藤理恵 監修】DVD2枚組

詳細はこちら

ソフトボールの練習に励んでいる方の中には特にバッティングの上達目指して練習に励んでいる方も多いことでしょう。

自チームに得点が入らなければ試合で勝つことはできませんね。

得点を入れるためにはランナーが塁に出ているチャンスに確実にヒットを打って得点につなげる必要があります。

ではバッティングが上手くなるにはどんなことを意識してどのような練習をすればいいのでしょうか?

北京オリンピックの5番打者、佐藤理恵さんがその秘密を遂に公開してくれました。

まずは、その動画をご覧下さい。

※真ん中の△をクリックすると動画がスタートします(音声が出ます)

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者・佐藤理恵 監修】DVD2枚組

詳細はこちら

ソフトボールバッティング上達のコツ

バッティングが上手くなりたい場合は、まずは以下のようなことを意識しましょう。

・基本的な構えを身につける

・力を入れすぎない

・インパクトの瞬間までボールから目を離さない

・できるだけボールをひきつける

まず、基本的なバッティングフォームを身につけてください。

両脇をしめて、あごを引き、体がグラウンドに対して垂直になるように構えましょう。

また、力を入れすぎるとスイングが乱れるので、余分な力をぬいてリラックスしてください。

「遠くへ飛ばしたい」という気持ちが前に出すぎると、力が入ってしまいバットがぶれてしまいがちなので、注意しましょう。

それに、インパクトの瞬間までボールから目を離さないようにします。

確実にミートさせるためには、これがとても重要です。

バットにボールが当たらないという人は、スイングする直前にボールから目を離しているケースが多いので、最後まで目を離さないようにしてください。

そして、できる限りボールをひきつけてからスイングするというのも大切です。

ひきつけてスイングすることで、ボールがよく見え、泳いでしまうのを防げます。

このようなことを意識して練習すると、今以上にバッティングが上達するでしょう。

自己流では正しいフォームや打ち方を身につけるのは難しいかもしれませんね。

間違ったクセがついてしまうと直しにくいので、プロが監修したDVDを見て真似る等して正しいフォーム・打ち方を身につけるようにして下さい。

朝起きるのがつらい時のサプリ

pagetop