×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

headband

選球眼

HOME >> 選球眼を磨く方法

選球眼を磨く方法ってあるの?

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者・佐藤理恵 監修】DVD2枚組

詳細はこちら

選球眼を磨くというのもバッティングにおいて大事なことです。

ボール球に手を出してもヒットになる可能性は低いですし、ボール球をきちんと見送ることができれば何もしなくても出塁できます。

チャンスを広げる意味でも選球眼というのは非常に大切になります。

そのため、ボールを見送り、ストライクだけを打つというのを意識してください。

そして、選球眼を磨く方法は以下の通りです。

・ストライクゾーンを知る

・ボールをよく見る

・目線の高さを一定に保つ

・動体視力を鍛える

まず、正しいストライクゾーンを知ることから始めてください。

これが選球眼を鍛える第一歩です。

ただ、審判によってクセがあるので、ストライクゾーンは微妙に異なると思ってください。

当たり前ですがボールをよく見るというのも大事です。

キャッチャーのミットにおさまるまで、目で追うようにしてください。

目線の位置がバラバラだとストライクかどうか判断しづらいので、高さを一定に保つようにしましょう。

そして、動体視力を鍛えるというのも重要になります。

pagetop